日記

mariasizu.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

リフォーム完了 

 やっと終わった。リビングでの仮住まいも終わり。の筈がまだまだその名残で新しい生活が出来ずにいる。

 生活の中での必要なものは種々雑多。キッチンのものは細々したものが多く、リフォームのために移動させたものを元の場所に戻すのは大変だ。

 あれはどこだったかとリビングの山積みの中から探さなくてはならず、綺麗になった部屋で落ち着いた生活に戻れるのはいつのことかと憂鬱になる。

 体はさっさと動かせず、上を向いたらふらつき、腕に力を込めて磨いたり擦ったりが、去年骨折したのが痛くて思うようには出来ない。すぐ疲れたり腰が痛くなったりで捗らない。

 まだ戸棚が足りない、台になるものがない、置場所が定まらない等で片付けようがない。

 嬉しい筈が憂鬱だ。
[PR]
by mariasizu | 2018-05-25 17:03

サプリメント 

 不眠を何とかしたくて、睡眠薬に代わるものはないかとサプリメントを探してみたら、タウリンが目に止まった。

 不眠に効きそうなレビューがあり、飲んでみた。

 飲み始めて一週間程したら、一時間毎に目が覚めていたのが一回位になり、覚めても直ぐにまた眠れるようになった。

 しかしやっぱり五時間ぐらいであとは熟睡できないので昼間、と言っても朝から眠い。

 だが、夜中に何度も目が覚めるより二三時間は続けて寝れるのはいい。

 これはやっぱりサプリメントの効果かなと思って、此れに気を良くして、今度は糖質制限に効くギムネマ酸のサプリメントを購入。

 食事や甘いものを控えれば良いのだが、それが何度ちゃんとしようと思っても中々実行出来ないものだ。

 とうとう諦めてサプリメントに手を出した。

 飲み始めて一週間足らずだが、全然変化なし。気が緩んだか体重は寧ろ増えたよう。

 年を取っても治癒力はまだあるようで、先日の怪我のとき力が入って首が痛くなり、頭が持ち上がらなかったのが、今日は大分痛さが無くなって、ああまだ私は治るものは治せる力があるのだと証明されたようで嬉しくなった。 

 なのに基礎代謝は落ち、サプリメントをのんでもこれはダメなのか。 
[PR]
by mariasizu | 2018-05-19 22:01

ぼろぼろの体 

 前々日夜9時半ごろ玄関から落ちた。その為今朝は仰向きのままで起き上がろうとすると、首が痛くて起きられない。

 幸い頭を打ったけど今の所異常はなく、去年の怪我と同じ右手の腕を怪我し四針縫った。

 今週月曜からキッチンのリフォームが始まり、疲れとストレスでふらつきがいつもよりひどく、寝不足も原因と思う。

 日曜日の夜、明日から始まるリフォームの準備のため陽子は大奮闘。

 台所は食器をはじめ、大小の道具や細々したものを全部他の部屋に移動させなければならず、かなり体力のいる仕事である。

 私は何も出来ない役立たず。その上転けて救急車で運ばれ、帰って来たのが夜中の3時過ぎ。なにやってんだか。

 ああ情けない。

 そんなことで今朝起きようと思ったら、首が痛い。

 去年の骨折のあとも、腰も、腰から足先までもしびれる。神経痛が襲ってくる。もうがたがただ。
[PR]
by mariasizu | 2018-05-17 07:47

胃腸科

 昨日あまり腹痛が頻繁に起こったりするので、胃腸科に行くことになった。

 別にエコーの検査では異常はなかったが、胃カメラと大腸検査を受けておこうと検査の予約をして帰った。

 夜に陽子がひどい腹痛と吐き気で起きられないほどだった。私に受診を強要したのに私はエコーの検査では何も異常はなく、毎日何処かの苦痛を訴える陽子の方が必要だったのではないのかア?

 今日は整形外科の予約の受診日だった。

 今日のところは頚と背骨の写真を沢山撮っただけで新しく何かが分かったわけではなく、頚椎のMRIを撮るので予約して帰った。

 6月は毎週月曜毎に胃腸科、整形外科、神経内科と検査や診察に通わないといけなくなった。あーあ嫌になるなー。陽子にもお世話にならないといけないし。

 

[PR]
by mariasizu | 2018-05-11 11:02

歩行時間達成 

 ウオーキングの歩行時間が、長い間自己ベストに届かなかった。歩幅も狭まって弱ってしまったかと思っていたが、今朝は達成出来てよかった。

 一昨日のブログには、痛くて姿勢を真っ直ぐに出来ないと書いたが、ウオーキングの時はポールを使って姿勢に気を付け歩くようにしているのでそんなこともない。

 家のなかの移動が危険であって、ただ歩くだけなら障害物のない外の方が歩きやすい。

 家の中は色々なものをよけて歩かなくてはならない。そのためまたいだり体をひねって手を伸ばしたり後退りしたり、スリッパを履いたり脱いだりとこんな動作がこわい。

 普段の外歩きはポールは持っていないのでなるだけ足を上げて靴底を擦らないように、つまづかないようにと一歩一歩に気を使って歩くようにしている。

 そのため歩くのが苦手で非常に疲れる。
 
 痛いときは右のお尻から足首までしびれ、ひどいときはお尻の一点が痛くて力が入らず歩けなくなる。

 セカンドオピニオンで受診してもこの程度ならなにもしなくて良いなんて言われるのではないだろうか。

 しかし、転けそうになるのがいけないのと、疲れるので多くを歩けない。それと字が書けないのと喋りにくいのがひどくなってきている。

 これは脊椎間狭窄症とは関係ないのか。そこが問題だ。それをちゃんと診察してもらいたいのである。

 今日はこどもの日、ロッタ13才の誕生日でもある。

 それでと云うわけでもないのだが、フルーツフラワーパークに行った。

 もうゴールデンウィーク真っ只中で、駐車場で並び、帰りが遅くなったので外食することになり、スシローでこれまた一時間いや、それ以上も待った気がする。

 よく歩いてもうふらふらだ。

 

 

[PR]
by mariasizu | 2018-05-04 09:29

考えてみよう治療方向...

 いままでずっと神経内科で進展のない診察をうけていたが、もしかして脊椎間狭窄症から歩きにくさふらつきがあるのではと考えを変えてみた。

 その為紹介状の依頼を電話で頼んでみた。先生の診察日が月曜なので、その日まで待つことになった。

 今まではパーキンソン症候群で神経内科にかかっていたが、先日の先生の発言では脊椎間狭窄症からくるふらつきではないかとのことである。

 そうだとすればすごい進展である。もし治療が出来るのだったらこの何年間を無駄にしたことになる。

 それでもいい、そうだとしたらどんなに嬉しい事か。

 転けるかも知れないとの恐怖と、痛さで真っ直ぐにしにくいのとで、姿勢も前屈みになっているし、一挙手一投足を注意しての行動は非常にしんどいのである。

 
[PR]
by mariasizu | 2018-05-03 22:20