日記

mariasizu.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

仔犬とケンカ

 このやり取りの一貫、忘れないよう書き留めておこう。

 これ一回のことではないのだが、素早いいたずらにはほとほと疲れた。

 7ヶ月のプルム、3ヶ月のニーロ。プルムの方はやや分かって来た感じだが、二匹が寄ると激しくじゃれあい、どちらかが噛み殺されるのではないかと心配する。
 
 今朝も私が犬番していたが、余りの激しさと喧しさで、プルムをケージに入れようとしたが、激しくじゃれあって捕まえられないので最後の手段。

 美味しいもの上げよ、と言うとぴたっと止め、ハウスしに行く。

 当然ニーロも喜んで付いてくるものと思いきや、なにかサッと素早い動きが視界に入った。

 ティッシュだ。テーブルの上のティッシュケースから早い動きでソファーの下へ。

 行きかけたプルムはほったらかしで、ニーロを捕まえようとソファーの下へ入ろうとしたが、体が入らない。

 ニーロは奥に、わたしは潜りこみ手を伸ばす。届かない。

 食べてしまうまでに口から取り出さなければ。

 焦るが手が届かない。どこでもいい、ニーロに触れたところ、足とか皮膚とか触れたところを指先に力をいれ、なんとか引きずり出し口の中に手をいれティッシュをとりだした。

 やれやれとプルムだけケージに入れ其々三匹におやつを与えた。

 その間老犬のロッタは黙っておやつのお相伴に預かろうと座って待っている。

 どちらかをケージに入れて二匹を離したら静かになる。ニーロを入れたら中で足を上げておしっこしたらまた後始末が大変と思ってプルムをいれた。

 これで静かになったと思ったのだが、なんだか咀嚼する音がきこえる。

 ああ、なんか口にいれてる。さっと逃げられないうちに上から身体を押さえつけ口をこじ開け、とりだしたらなんと黒いビニールで覆ってある針金を噛んで、針金がむき出しになっている。

 どこに落ちていたのだろう。取りだし、駄目でしょ、駄目でしょ‼と叱ると神妙にお座りして私の顔をじっとみて、反省しているかのようなしおらしさ。

 情けなくてテーブルにつっぷして腕に顔を埋めたパフォーマンス。

 暫くしたらすり寄ってくる。そして顔をなめなめ。

 つきはなしたら、今度は膝の上に乗ってきた。なんと賢い甘え上手。

 可愛いけれどへとへと。早く大きくなあーれ。
[PR]
by mariasizu | 2017-02-15 10:26

犬害

 今日耳鼻科で洟がよく出ると云うと、先生が診て、渇いてますよと云われた。

 ここに来るとそうだが家ではよく出ると云うと、空気清浄機有りますか、それを置かないと駄目だとのこと。

 へぇーそんなこと、と思いながらも考えてみると、この3ヶ月ずっと咳は治らない、くしゃみは出る。

 咳き込んだ後に続けて、クシャンとくる。

またくしゃみの連続。そのあとははなが出る。

 くしゃみは気持ちの良いものだが、そんなことを言っておれない。

 やはりこれは家の空気が悪いのだ。

 うちの二匹の犬はブリタニーという猟犬だ。プードルは抜け毛がないから毛は落ちないが、ブリタニーはよく毛が落ちる。

 絨毯に落ちた毛は掃除機をかけても取れない。あちこち至るところに毛が散らばり困り果てる。

 早速スマホで検索すると、喘息の子供の為とか、アレルギーのある人とかが空気清浄機を買っていた。

 さて、機械はどれが良いやら、検索していたらピンからキリまであって迷って決められない。これでかなりの時間を費やしてしまう。

 先日も、薄毛隠しにベレー帽を買おうとネットをみたが、それこそ同じような品物がたくさんあって、どれを見たのかもわからない始末で、かなりの時間を費やし申込んだ。

 それもこれも犬が居るためだ。

 薄毛はストレス、咳、はなくしゃみも犬が居るためなのだ。

 昨日は炬燵の電機コードについている、スイッチのところを噛んだのだろう。歯形がいってスイッチが壊れてしまった。

 あーあ、損害は莫大だ、これは公害ならぬ犬害だー。
[PR]
by mariasizu | 2017-02-13 19:53

癒し?

 娘の奮闘振りを見ていて、いくら犬が好きと言ってもこれが癒しになるのかと疑問に思う毎日である。

 わたしは大いにとばっちりを受け、落ち着かない。

 おしっこをウンチをと、いくらわたしは世話しないからねと最初に宣言していたとしても、娘の留守の折りとか傍にいないときなど、汚しているのをいつまでもほったらかしにも出来ない。

 早く始末しないとふんずけたり蹴飛ばしたりする。

 折りにくい膝を折って、よいしょよいしょと掛け声をかけながらの作業である。
 
 これは運動だ、無理矢理でも体を動かさざるを得ない情況にあるのは良いことなんだと、言い聞かせている。

 況して娘はトイレの世話だけでは済まない。

 フードを与える、行動の躾、訓練、相手になって遊んでやる。そして、一日に何度、ダメー!!と叫んでいることやら。

 フードを与えるときがまた凄まじい。 

 オッケー!の掛け声を聞くまでお座りはして待たなければならないが、お尻はモジモジ、じっとするのが大変。

 号令を聞くが早くあっという間、本当に5秒位で完食。よその餌入れに突進する。

 こんなことが続くと見ている私の方が疲れる。

 これで癒しになるのか。好きなことだからこれでいいのかと疑問に思うのである。

 先輩のプードルをみていると、この落ち着き様は年齢の差があるとしても雲泥の差である。

 何時までもこんな情況が続くとは思えないが、うちの二匹は普通でない。

 二匹は兄弟でもないのに、どうして何故こんなに似たようにパワフルな犬が、我が家に来るのか。

 またまた思うのである。早く大きくなあーれと。
[PR]
by mariasizu | 2017-02-12 16:18

災い転じて

 孫の心配事が三年越しでぱっと明るくなった。

 神様は居るのだなぁ、と言うのが私の実感である。

 災いと思ったものが、此が切っ掛けで孫の問題が解決した。

 神様がこうしてああして、と段階を踏んでして下さったように思えるのだ。

 後は本人の努力、考え方に委ねられる。いい状態が持続出来ることを祈るばかりである。
 
 今日病院での血液検査の結果を聞きに行った。

 実際のところはっきりしないが、発症してから二三年経っている。症状も進行しているので最初からの検査やり直しである。

 ドーパミン検査の予約をして帰る。
[PR]
by mariasizu | 2017-02-09 23:28

いたずら犬

 3匹の犬のうち、おばあちゃん犬は、節度ある犬でいたずらはしないしお節介やきである。

 他の二匹がいけないことをしていて、私たちが叱ると、そうだそうだと言わんばかりに一緒になって吠える。

 こちらが叱るまでは、悪いことしてるやないか、怒らなあかんのとちがうんかと言わんばかりに構えている。こちらが大きな声を出したら、待ってましたとばかり同時に吠えるのである。

 方や3ヶ月と7ヶ月の二匹は、協同作業でやらかすのだが、流石上の子は少し落ち着いて目が離せないと言うほどではないが、ちびの方がほとほと困り果てる。

 何でもかんでも噛んだり食べたり、ウンチには色んなものがいっしょに出てくる。

 トイレのペットシーツは噛みちぎって食べるわ、こたつ布団も穴を開けて大量の綿を放り出していたり。

 静かな時が危険信号、なにか悪いことをしているのだ。

 昨日取り合えず穴を塞いだのに、今日は又違う所に穴を開けてムクムクと綿を出していた。

 化繊綿はちょっと引っ張っただけで、びっくりするほど大量の綿がでる。

 この綿を食べさせてはいけないので、二人で追いかけ取り押さえ、口をねじ開けて出させたのは勿論のことである。

 ちびの方は雄なので、はや片足上げての放尿。娘がこの予防策にも頭を悩ませお手上げ状態である。
 
 スリッパをかじるのはどの子でも同じだが、絨毯は織糸を引っ張り出す、木枠の椅子はごりごりとかじられたあとで傷だらけ。全部我慢我慢、ストレス最高。早く大きくなーれ。 
[PR]
by mariasizu | 2017-02-04 11:21

いいわけ

 いいわけばっかりは、いいわけない。しかし最近はウォーキングをさぼってばかりいる。

 今日は雨だから、または雨は止んでいるけど道が濡れていて、日が差してないから、とか、今日は寒いからとか疲れてしんどい、そんなときは無理をしてはいけないとか、都合のいい言い訳をしてはさぼっている。

 ストレッチも、膝に効果のある体操だけでいいやとか、してもしなくてもあまり変化は感じられないしとか。

 誰に言い訳をしているのでもない、自分だけのことだし、ついつい怠けてしまう。

 ピアノの練習は肩が凝る。

 耳鼻科の先生にふらつくと訴えると、肩が凝ってませんか。肩が凝るといけないと云われた。

 こちらは、やり過ぎるのは良くないとは思っても、今度初めてピアノの先生の前で弾くのだから余り下手では恥ずかしいこともあるが、一生懸命やってしまう。

 82の手習い。肩が凝らない筈がない。

指使いを間違う、叩く鍵盤を間違う。もう一度もう一度となかなか止められない。

 馴れれば凝らなくなるからいいやとこっちは又都合のいい言い訳をしているのである。

 人間て勝手なものだ。

 
[PR]
by mariasizu | 2017-02-03 00:10