日記

mariasizu.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

寒の戻り

 今週日曜日から、ずっと寒い日が続いている。極端な温度差である。今日は温かくなるか、と毎日春の日差しを待っている 

 灯油も使い果たしたので、今日ストーブを片付けてしまった。寝るときの毛布も取り外していたのを、また出してきて使わねばならない。この寒さはいつまでつづくのだろうか。

 
 ピアノを習いに行きたいと思っている。何年も蓋さえ開けていないピアノ、使うとなったら調律をしなくてはいけない。

 まだ夫がいた頃、使わないならもう売ってしまえと言われたので、冗談半分に、お父さんが居たら出来ないから、死んだらする。なんて言ったものである。

 実際、テレビとピアノが同じ部屋にあり、その部屋で夫は一日中テレビをみていたからピアノが使えなかった。

 お父さんが死んだら、なんて言ったのも嘘ではなかったが、現実にそうなってしまった。

 一時は、もう調律も大変だし売って仕舞おうかとも思った。しかし、やっぱり勿体ないし、頭の活性化のため、習い事として始めようかと思っている。

 悲しいかな、ピアノが使える現状になったのである。

 
[PR]
by mariasizu | 2015-03-26 21:12

お彼岸

 暖かくなった、春だ。

 昨日娘が沢山おはぎを作ってくれた。お彼岸と言うこともあったし、料理が好きな娘は、まだ作ったことの無いおはぎを作ってみたいと、小豆を煮るところから挑戦。あんな面倒くさいことよくやるよ。

 丁度夫の月命日にも当たる昨日、こんな沢山作った、と仏壇の前に全部持ってきて見せていた。

 生きていた間にそうすればよかったのに、今はよく料理をしてくれるので、わたしは隠居の身分で何もしなくなった。

 料理するのはあまり好きでなく、面倒だ面倒と思いながらやっていた。

 丁度昨日、息子と孫が来たのでおはぎを出したら、息子は食べなかったが孫がお父さんの分まで平らげ、作った方の娘は大満足。夕飯の料理も腕を奮ってくれた。

 昔私が作ったあの料理美味しかったと云う。私は面倒くさいと思いながら作っていたのに美味しいと思っていてくれたんだ良かった。子供達もお父さんも美味しいと思って食べてくれてたんだと安心し、昔を懐かしく思った。

 
[PR]
by mariasizu | 2015-03-18 09:53

友達

 久しぶりに会いたいと思っていた友達と会った。

 以前は、会えば夫の愚痴を云うことで気晴らしになっていた。しかし今日は思出話をすることでこころが潤おう。

 まだ旦那様が健在でいらっしゃる友の口からは愚痴がでてくる。まだ傍に居てくれているということが当たり前過ぎて、夫婦で居るという貴重な時間としての実感が伴わないのだ。

 夫婦健在の友人には、旦那さんを大事にねと言っているが、やはり聞き流しているだろう、実感がないのだ。亡くなってみないとこの後悔はわからないだろう。それが当たり前とおもう。

 こんなことに限らず、今現在幸せだとはなかなか思えないものだ。自分も当たり前に生きて居て、現在が幸せなんだと改めて考えることもなかった。

 夫が健在だった時が、今振り返れば平安なときだったのかなあと。後にはもう戻れない。戻れたとしても幸せには気付かず友達に愚痴っていることだろう。

 俗っぽい自分である。何でも後で気がつき、これからも後悔の繰り返しを重ねていくのだろう。仕方ないよなあ。
[PR]
by mariasizu | 2015-03-09 20:54

パソコンの故障

 以前からパソコンのトラブルがあり、始終イライラさせられたいた。
 
 そのため殆どスマホで済ませていたが、手紙をプリントしたい場合はスマホではできない。

 数年前から、まともに綺麗な字が書けなくなってきた。検査しても、何か病気はあるのは確かだがわからない。薬の効果が全くなく、結局くすりも中止して様子を見ることとなった。

 手紙を書く必要に迫られたときは、パソコンで書いてプリントするのだが、そのパソコンがとうとう画面が映らなくなり、起動させようにも出来ない。

 修理を頼もうかと調べてみたら、修理代も高そうで頼むのを躊躇している。

 サポートセンターに電話をかけ、聞きながらという手もあるが、パソコン用語が難しく、さっと理解して操作出来ないだろうと思うと、不安が先に立ちおいそれと電話出来ない。

 困ったどうしようか、悩む。
[PR]
by mariasizu | 2015-03-05 23:52

数珠

 今日美術館へ、竹内栖鳳の生誕150年記念展覧会を見に行った。

 出かける前に、修理を頼むために郵便局から数珠を送った。

 房が傷んでみすぼらしくなっていたのが気になっていたのである。

 大して値打ちのある品物でもないし、買った方が手間も省ける。新しい物に買い換えればいいのだが、買った後のことを考えると、古い数珠を捨てる気には到底なれない。

 修理してくれる所をネットで探して送ったのである。夫の一周忌に間に合わせたい。

 思えば45年前、幼い息子を亡くした時に買ったものである。それを思えばなおのこと捨てることは出来ない。早いものだなあ、改めて指折り数えれば45年が経っていた。

 私も年取ったものだ。

 展覧会には、前から行きたいなどと思って居たわけでなく、況してやこう言う会が催されていることすら知らなかったが、娘が誘ってくれたので即日行ってきた。非常に繊細で心が和みそうな絵だと思って、たまにはそういうところに行くのもいいかとお供した。

 行った序でに、ネットで知って前から見てみたいと思っていた店が近かったので寄ってもらい、ショッピングを楽しんで家路を急いだ。


 
[PR]
by mariasizu | 2015-03-05 00:11

歯医者終了

 去年から受けていた歯の治療が、やっと今日で終わった。  

 知らなかったとは言え、沢山虫歯が出来ていた。一ヶ所を診てもらうつもりで行ったのに、こんなに長期にわたって治療することとなってしまった。

 これからは、定期的に検診に行こうと心に誓った。

 さて、あとは気になっている鼻を診てもらいに行かなくては。

 鼻がよく溜まる。一度耳鼻科に行ったが異常ないとの診断であったが、こんなによく溜まるのは、やっぱり悪いとしか思えない。気持ちよく鼻がかめない状況の時もある。困ったものである。

 もう春も近い。毎日天気予報で気温の変化をラジオで聞いて、ああまた寒くなるのかと身構えるのだが、なんのことはない。いちにち一日と春が近づいてくるのを実感する。

 春になったら.... なんて何も楽しいプランもないが、やはり暖かくなるのは嬉しい。

 
[PR]
by mariasizu | 2015-03-02 23:57