日記

mariasizu.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

久しぶりに

 とうとう夫は天に召され、辛い病から解放された。

 思い返せば後悔ばかりで、あまり良くない妻であったと思う、保険の請求手続きの時は特にそう思う。申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

 保険契約に一人で出向き、自分の死後、受け取りを妻にと考えて手続きしたのだ。私は無関心で、感謝の言葉さえ無かった…。
  
 言葉が出ず、発病から殆どまとまった会話が出来なかった。

 何を考えていたのか、何も考えることが出来なかったのか。そうであった方が良かった、そうであって欲しい。
 
 残していく家族の心配や、身の回りの世話をさせる度に、自尊心が傷つく苦痛が少なくて済む。どうか何も感じる事が無く、心が乱れることもない病の床であったと願うばかりである。

 
 

 
[PR]
by mariasizu | 2014-05-27 18:14

よろこび

 コンサート当日の夫の介護をどうするか、ああだこうだと、都合を付けるのに大変悩んだ。私の足の怪我も治りきらないし、いっそスッパリと出演を諦めようと思った。

 しかし、足が腫れて靴が入らなければ、誰かに大きい靴を貸してもらって上げるから、あと二回練習に来られるかどうか、それで判断してと励まされ、気持ちが前向きに積極的になった。

 結果、やや無理があったが、娘の協力も得られ、昨日、希望を達成することが出来た。

 帰途に着くときは無理をしたかと、足が心配になるほど疲れた。

 観に来てくれた友人達から、良かったと喜んでもらえ、沸々と幸せを感じている。昨日の帰り道では、疲れと足の痛みで、興奮冷めやらぬ、とは言えない心境だった。

 友人の喜んでくれた言葉を聞いて、ああ良かった、出て良かったと徐々に昨日の演奏会を思い返して、改めて歓びにに浸っている。
[PR]
by mariasizu | 2014-05-05 23:03