日記

mariasizu.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

摘便

 四五日毎に排便がある。それも下剤を使ってでないと排泄されないのだが、それは下痢ばかりである。なのに、看護士さんに摘便してもらっていつも云われるのが、堅い便が溜っていると云うことである。

 毎日便秘薬は飲んでいるのに排泄されず、何故堅くなってしまうのか、そして出てくるのが下痢なのか。
どうして、と疑問に思うことばかりである。

 昨日、今日と二日続けて摘便してもらったが、強烈に痛がる。弱っている体だのに凄い声で呻き、顔を真っ赤にしてベッドの手すりを掴んでいる。

 食欲は有りよく食べるのに、この便の苦労は始めからずっと続いている。これの心労が介護のすべてと思える位苦になる。

 食事をさせながら、これが皆便になるのだなんて考えると、食べてくれるのが快いことやら、後のことを考えるとぞっとして、食べてくれることが苦の種になるのやら分からなくなる。

 

 

 
[PR]
by mariasizu | 2014-03-25 23:20

元気な病人

 元気でないのが病人だが、夫は動けない、口がきけないと言う状態でありながら、毎日見ている者からすれば、調子が良いときは元気な人だなあと感心する。

 もういよいよかと思っていた時があったが、この二三日、また元気を取り戻したと見える。

 極端に尿量が減っていたのも、水分の摂取量が少なかったからで、よく飲めるようになると改善された。

 リモコンを持ってテレビのチャンネルも変える。
 よく食べ、よく眠る。これがもう治療の為す術がないと云われた病人かと思う。

 一体、夫の頭の中はどうなっているのか。脳は壊れても体は丈夫、アンバランスが調整されるときがいつになるのだろう、その時はどうなっていくのか。
[PR]
by mariasizu | 2014-03-23 19:48

食欲

 病状が悪化してからの方が、以前よりよく食べる。  
入院中など食べない日が続いていた、それが今は毎食完食である。

 体で良いのは胃だけになった。
尿の量も少なくなり、微熱も良く出る、痛み止めは飲んでいるのでそれほど痛そうではないが、手の腫れもひどく動かせない。

 そんな状態であるのにご飯はよく食べる。これは本当の食欲があって食べているのだろうかと、疑問に思うのである。
 
 しかし、お腹空いた?とか、お茶飲む?とか聞いたとき、要るとか要らないとかちゃんと返事をする。容体は日替わりであるから、昨日今日はコップ8分目ぐらいのお茶は飲める。一時にそれ以上は咳き込んで飲めない。

 もうテレビもただ付けているだけで、リモコンは側にあってもチャンネルを変えることはない。

 部屋の照明も、自分で消したい時手を伸ばして消せるよう、スイッチにひもを結び足していたが、そのひもを引っ張ることもしなくなった。

 車いすにも座れなくなったので、レンタルの中止をお願いした。
[PR]
by mariasizu | 2014-03-20 21:58

食事

 食事は何が食べられて、何が喉に引っかかって咳き込むか、少し食べさせてテストしながら食べさせなければ行けない。
 
 咳き込んで息を吸うときに、食べ物が気管に飛び込んで行かないかとひやひやする。非常に苦しそうに咳き込むので、窒息するのではないかと心配になる。

 水分が取れるようにご飯はお粥にするが、固形物でも食べられるものがあるのに、何故お茶とか水が飲めないのだろう。最初の二口三口は飲めるがとろみを付けても飲めない。食べ物と水だと、水の方が喉を通りやすいと思うのに不思議だ。

 水が飲めなくなったら、薬が飲めないがどうすれば良いかと先生に質問したところ、くすりをのむ必要があるのかと言われた。

 なるほど考えてみれば、以前から血圧やコレステロール、その他の健康を維持する薬を惰性で飲んでいたに過ぎない、今となっては必要ないのでは。白内障の目薬も要らないのかも知れない。医者の方から、もう薬は必要ないから止めとこうとは言えないだろう。
[PR]
by mariasizu | 2014-03-19 00:20

ついに嚥下困難

 嚥下に困るようになってきた。こうなった場合胃瘻はしないと決めていたが、先が不安だ。

 今のところお茶は飲めないが、食べやすいものなら食べられるので、水分を取れるように、お粥にしたり、ポタージュにしたりなるべく水気の多いものにする。

 しかし、今日はそれさえも食べてくれない、水分が取れない。お茶がスプーンで最初の二口三口は飲めるので、その時にどうにか薬を飲ませる。

 右手も痛がっており、手首から指まで腫れている。原因に心当たりもなく、つぎつぎに心配なことが増えていく。
 ちょっと触っただけでも凄い顔をして痛がるのに、トイプードルのロッタがベッドに飛び乗って、腕の上に座っても、勿論布団の上にだが、痛くないらしい。

 今日も入浴の日であった。痛い腕でも入るのを止めるとは云わない。パジャマの脱ぎ着が大変だった。

 さっぱりしたところで、息子が散髪をしに来てくれた。掃除機のホースで落ちる毛を素早く吸い取り、寝たままでの散髪をした。
[PR]
by mariasizu | 2014-03-17 18:29

寝だめ 起きだめ

 この前三日間は昼間ずっと起きており、夜も、もう寝るからねと言って、強制的にテレビ、電気を消してしまっていた。
 それが今日は全然起きない。朝も11時にお風呂に来たから起きたのであって、それまでずっと寝ていた。
その後も19時まで寝ていた。

 一体どうなっているのだろう。
[PR]
by mariasizu | 2014-03-14 18:46

日替わり

 昨日までは、何か言っても僅かに口だけ動かして声にならない声で、何を言いたいのか分からなかった。
今日は元気で声も出るし、右手も良く動く。最近は全く右手が動かなくなっていた。これも腫瘍が再発したため起こった症状だと思っていた。

 お茶も飲みにくくなって、いつまでも口に含んで飲み込めなかった。そんな状態のとき、熱が出、薬を飲ますことも出来ず座薬を使ったのに、今日はごくごくとよく飲む。

 先日のMRI検査のときの先生の話では、もう後は治療の効果もない、従って検査もこれで最後とのことである。そうなんだなあ、これからだんだん悪くなるばかりなのだと、しみじみと夫の顔を見たものだ。

 そう思って見るから、本当にそれらしい顔に見え、右手のきかないのも、水が飲み込めないのも、いよいよその時が近づいたのかと錯覚する。

 それが今日はどうだ、昨日と一転して元気である。
しかしよく熱が出る。解熱剤を飲ませるので、二晩続けて布団から枕まで汗でびしょ濡れだ。今日は今のところ熱は無さそうである。
[PR]
by mariasizu | 2014-03-05 21:05

MRI検査

 MRI検査に行ってきた。当日の朝も前日の夜も、9度からの熱があり、検査に行こうか、体が耐えられるだろうか、と行くことを迷った。

 やはり、懸念していた通り腫瘍は再発していた。
一段とものを云わなくなっているし、寝ているのか起きているのか、うつらうつらと何を聞いても返事がない。

 リハビリをして、少しでも体を動かす方が良いかと思ったが、もうそれは意味のないこと、それより手足のマッサージをするようにと先生の指示を受けた。本人の喜ばないことはしなくて良いとのことである。

 今日も好きなお風呂である。昨夜も高熱で、朝には寝具がぐしょ濡れだった。昨日、先生の話では、例え熱があろうと、お風呂が好きであれば入れて上げればよいとのことである、微熱があったが入浴した。

 昨日のMRI検査に、今日は二件の往診、既に予約してあったリハビリ、これは、これで最後にとマッサージだけしてもらったが、その後のお風呂とで大分疲れたようである。私も最後のお風呂が済んでから、やっと休むことが出来た。
[PR]
by mariasizu | 2014-03-04 18:49