人気ブログランキング |

日記

mariasizu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 394 )

喉元すぎれば

 喉元すぎれば熱さ忘れるの諺があるが、ブログを読み返していると、本当に神経痛は辛かったんだと今更思う。

 しかしあの整形外科医はすごい。あんなに痛くて辛かったのに。

 まだ完全ではなく少し痺れがある時があるが、不快度は10のうちの1か2のレベルである。また再発するのを恐れて運動は1日7、8回はする。

 たっかい高いお金を使ったのにあれは何だったんだろう。思い出す度悔しい。

 今は神経痛は無いがすっかり手足の力が抜け、今度はだるくて脚が上がらず膝も少し痛く歩けない。

 その為かどうか分からないが、ふらついてこけないかこけないかと心配しなからの伝い歩きである。

 訪問リハビリは誠意を持ってやってくれているが、効果は今の所全くなく、気が滅入る。

by mariasizu | 2019-05-14 14:49

肥満

 遂に体重67.7キロ恐ろしや恐ろしや。

 ウォーキングは役に立つほど歩けないし、食事制限や甘い物の制限も出来ないし、取り敢えずウエストを締めたくてウエストベルトを通販で取り寄せてみたが、どれも私にぴったりくるものは無い。

 星の数や書いてあるレビューなんか、何の役にも立たない。二点注文二点返品。

この前ちゃんが来て、食事の世話をして貰ったとき、偶然体重が減ったのかはわからないが、やはり食事の内容や夕食の時間が早かったのが良かったんではないかなと思う。

 生活態度を見直して、と言っても思うように動けないから焦ってしまう。

 あと出来ることは食べることだけだが、捨てたく無いのが甘いものだ。

 これを止めるのは楽しみや気持の安らぎ、はちょっと大袈裟かな。でも中々難しいがデザートの制限が一番効果が高いものと思う。

 

by mariasizu | 2019-05-13 15:31

お助けマン

ゆいちゃんが世話をしてくれて、ほんとに助かった。

晩ごはんも早く済ませたし、質素で体にいいものしか食べないし、良質の二日間だった。

明日は、忙しいぞ。朝10時にケアマネージャーの訪問、11時半にお寺からお参りに来てもらって、15時30分に訪問リハビリだ。

ロッタも、昨夜は陽子が居なかったので寝られなかったので疲れただろう。

by mariasizu | 2019-04-29 20:37

訪問リハビリ同意書

同意書がもらえなかったらこれが受けられない。内科の先生には断られたし、半ば諦めていた。

最初リハビリ治療院を探していたときに、私が間違って問い合わせをしたその治療院の人が、親切にメールで後押ししてくれて、舞子台病院から同意書を書いてもらえたのである。

内科の先生や、此方の治療院の人など冷たいものである。

なぜ知らない人がそんなに親切にしてくれたのかはわからないが、全く顔も知らない人でたまたまメールでの問い合わせをしたのに、夜の九時頃にもメールで親身になって考えてくれた。

お陰で諦めずに申請が出来たのである。

今日は陽子は朝五時起きで、琵琶湖にキャンプに行った。今朝までロッタを連れて行く置いていくで迷いに迷った挙句結局置いていった。

私のことが心配で、ゆいちゃんに泊まりに来て貰ったのである。

私もいっしよに行けばそんなに迷うこともなく、ロッタを連れて陽子も安心して楽しむことが出来ただろう。

ゆいちゃんは、晩ごはんはサバーグを作ってくれた。ほんとに栄養のことを考え、早く就寝し良いお母さんになったものだ。

by mariasizu | 2019-04-28 21:59

訪問リハビリ

 こんな制度があることを知らなかった。明日無料体験で来てもらうことになっている。

 施術を受けている患者にパーキンソン病の方もと
はっきり銘打っているので申込んだが、そんなことで良くなるのかなあと疑問だけれど、何もしないよりメンタルの面だけでも頼りになったらいいと思っている。

 明日は名谷病院へブロック注射を打ってもらいに行く。あんしんクリニックの予約はキャンセルした。

 その後訪問リハビリの無料体験があるので、楽しみだ。

 いや〜な人が来ないように神様お願いします。
  

by mariasizu | 2019-04-10 16:09

当て外れ

 初めての内科へ行ってきた。転倒の危険があり、毎日ひやひやしながら家の中を移動している。

 ネットの書き込みを見て、優しい何でも相談に乗ってくれそうな先生だと解釈して行ってみたが、そうでなくがっかりした。

 ふらつきに効く薬は無いと言われているが、これを飲んでみたらと薬を出してもらえるかと、藁にもすがる気持ちで受診したのに、わたしはまだ症状が軽いほうだ、話声ももよく聞こえてますと云われた。

 そうだろうな、今まで薬は無いと言われ続けていたのに、こんな田舎の小さい医院でそんな奇跡があるはずが無い。

 受付の人には、陽子は仕事で出て行って居なかったので、こんな認知症のお母さん一人で大丈夫なのかというような対応で接しられた。

 しかし、私はにこやかにお礼を言って帰ってきたのである。
 
 

by mariasizu | 2019-03-23 17:27

お彼岸

 今日はお彼岸。お寺さんが来られるのに、余りに汚いので和室を綺麗にしなくてはと昨夜、一生懸命にそれこそ転倒の恐怖に晒されながら作業した。

 こんなことがないと中々片付ける事が無い。おおきなゴミ袋を放り出すのさえ大変な作業である。フラフラ、ハァハァと息切れしなからである。

 もっと要らないものは整理し、ゴミの溜まっている所は綺麗にしたいのだが、思うように体が動かせない。

 ただパッと見はスッキリときれいになり気持良くなった。

 明日初めての内科へ行ってみようと思っている。

 今行っている舞子台は何の治療もしてくれてないので、このまま症状が進行したらとまた、不安な気持ちが持ち上がる。ネットで調べたら、なんらかの手立てはないこともないようである。

 優しそうな話をよく聞いてくれる女の先生のようだし、難病の場合は紹介もしてくれるようなことが書いてあった。いい脳神経内科の先生に巡り会えないものかと思う。

by mariasizu | 2019-03-21 22:09

なんか寂しいロッタちゃん

 昨夜の事で思い出した。

 昔は誰かが来ていてさあ帰ろうと言うときは、直ぐに察知してお見送りするから、と抱っこを要求していた事を思い出した。

 抱っこされて玄関までか、車まで出て車の窓越しからバイバイしていたのだ。

 いつ頃からしなくなったのかなあ。ブリニーが来てからかなあ。それともわたしが抱っこして歩くのが難儀になったり、玄関を抱っこして下りるのが危ないと感じたからかなとか考えたりする。

 それともロッタが要求しなくなったので、自然と忘れていたのか。

 何れにしてもなんか寂しい現象だと気付いた。

 昨日夜からだが神経痛がひどい。飲まないほうがいいのではと我慢していたが、結局夜も今朝も痛み止めを飲んだ。

 やっぱり薬は続けるのが良いのか。来週火曜日まで様子を見て痛く無くなればラッキーなんだが。薬の効き目は100パーセントとは言えない。
 

by mariasizu | 2019-03-18 12:20

お墓参り

 お彼岸が近くなって御墓の掃除に敬ニ達が来てくれた。

 すごく助かったし嬉しかった。お墓までロッタも連れて行ってもらえた。

 陽子は勉強会だということで留守。それでロッタの物凄い喜びようはよっぽど嬉しかったのだろう。良かった良かった。

 しかし、夜は陽子の帰りは遅かったし、ロッタを一人
置いて出かけるのは可哀想だと思ったけど、寝ていると思ってそっと出かけたら、陽子が帰って来た時はパニックになって泣いていたそう。

 ロッタも変わったものだ。やはり年取ったからなのかなあ。あと二ヶ月で14歳になろうとしている。

 年取ったからこそ、体が弱ったからこそこんないいことがと思えることがあると良いのに。それを見つけよう。

 いつの間にか私自身のことと思いがすり替わってしまったが、なんかロッタの老いとわたしが重なってしまう今日この頃である。

by mariasizu | 2019-03-17 21:15

ロッタちゃん

 最近のロッタは人が変わったならぬ犬が変わった。

 今までなら後の二匹が食べ物が貰えそうなとき、側に来て見上げて待っていても、ロッタはそんなん関係ないと澄ましていたのに、この頃はいっしょになって待っている。

 ごはんも1日二回でそれもあまり喜んで食べに来ることはなかった。

 それが最近はたべるのも早いし、ブリタニーの三回目のときも欲しそうにする。

 耳も遠くなり、寒い間は行くのを嫌がっていたので、呼んでも来なかったのであるが、今は聞こえないのか反応が悪い。

 反応が悪いのは、今までならブリたちが悪いことをしてこちらが大声を出すと、待ってましたとばかりに吠えていたのに、今は我関せずと無関心である。

 見ていて寂しい切ないと思うこの頃のロッタちゃん。
 
 しかし、陽子に遊んでもらうのはすごく喜ぶし、フリスビーもしてもらえると大喜びで元気である。

  
 

by mariasizu | 2019-03-16 15:39