日記

mariasizu.exblog.jp
ブログトップ

2017年 02月 12日 ( 1 )

癒し?

 娘の奮闘振りを見ていて、いくら犬が好きと言ってもこれが癒しになるのかと疑問に思う毎日である。

 わたしは大いにとばっちりを受け、落ち着かない。

 おしっこをウンチをと、いくらわたしは世話しないからねと最初に宣言していたとしても、娘の留守の折りとか傍にいないときなど、汚しているのをいつまでもほったらかしにも出来ない。

 早く始末しないとふんずけたり蹴飛ばしたりする。

 折りにくい膝を折って、よいしょよいしょと掛け声をかけながらの作業である。
 
 これは運動だ、無理矢理でも体を動かさざるを得ない情況にあるのは良いことなんだと、言い聞かせている。

 況して娘はトイレの世話だけでは済まない。

 フードを与える、行動の躾、訓練、相手になって遊んでやる。そして、一日に何度、ダメー!!と叫んでいることやら。

 フードを与えるときがまた凄まじい。 

 オッケー!の掛け声を聞くまでお座りはして待たなければならないが、お尻はモジモジ、じっとするのが大変。

 号令を聞くが早くあっという間、本当に5秒位で完食。よその餌入れに突進する。

 こんなことが続くと見ている私の方が疲れる。

 これで癒しになるのか。好きなことだからこれでいいのかと疑問に思うのである。

 先輩のプードルをみていると、この落ち着き様は年齢の差があるとしても雲泥の差である。

 何時までもこんな情況が続くとは思えないが、うちの二匹は普通でない。

 二匹は兄弟でもないのに、どうして何故こんなに似たようにパワフルな犬が、我が家に来るのか。

 またまた思うのである。早く大きくなあーれと。
[PR]
by mariasizu | 2017-02-12 16:18