日記

mariasizu.exblog.jp
ブログトップ

2017年 02月 04日 ( 1 )

いたずら犬

 3匹の犬のうち、おばあちゃん犬は、節度ある犬でいたずらはしないしお節介やきである。

 他の二匹がいけないことをしていて、私たちが叱ると、そうだそうだと言わんばかりに一緒になって吠える。

 こちらが叱るまでは、悪いことしてるやないか、怒らなあかんのとちがうんかと言わんばかりに構えている。こちらが大きな声を出したら、待ってましたとばかり同時に吠えるのである。

 方や3ヶ月と7ヶ月の二匹は、協同作業でやらかすのだが、流石上の子は少し落ち着いて目が離せないと言うほどではないが、ちびの方がほとほと困り果てる。

 何でもかんでも噛んだり食べたり、ウンチには色んなものがいっしょに出てくる。

 トイレのペットシーツは噛みちぎって食べるわ、こたつ布団も穴を開けて大量の綿を放り出していたり。

 静かな時が危険信号、なにか悪いことをしているのだ。

 昨日取り合えず穴を塞いだのに、今日は又違う所に穴を開けてムクムクと綿を出していた。

 化繊綿はちょっと引っ張っただけで、びっくりするほど大量の綿がでる。

 この綿を食べさせてはいけないので、二人で追いかけ取り押さえ、口をねじ開けて出させたのは勿論のことである。

 ちびの方は雄なので、はや片足上げての放尿。娘がこの予防策にも頭を悩ませお手上げ状態である。
 
 スリッパをかじるのはどの子でも同じだが、絨毯は織糸を引っ張り出す、木枠の椅子はごりごりとかじられたあとで傷だらけ。全部我慢我慢、ストレス最高。早く大きくなーれ。 
[PR]
by mariasizu | 2017-02-04 11:21