日記

mariasizu.exblog.jp
ブログトップ

先のことを

 今日整骨院の先生に次のようなメールを送った。これを読まれたら、私の言いたいこと言わんとしてはっきり言えない本当の気持ちが分かってもらえるかと。

 「こんにちは、お気遣いいただき有難うございます。

やはりその日の気分が外に現れてくるのですね。

毎日直ぐに先のことを考えてしまいます。

以前の生活水準と現在とを比較し、体力が落ちていることを憂慮してしまいます。

気持ちよく元気に歩ける日が来るのかと、つい考えてしまうのです。

今日もデイケアの理学療法士さんに、ウオーキングをしなくなったし、体を動かさないと歩けなくなると言われると憂鬱になります。

歩くのがしんどいし、痛くなるし、(以前は歩いたら痛いのも無くなっていましたが凄く疲れました)娘に犬の散歩に誘われても、億劫で行く気が起きない。行って歩く方が良いのはよく分かっていますが、痛くなるのと歩きにくいのとで、はっきり言って動くのが嫌なのです。

自分に甘えてばかりです。

何もしなさすぎも良くないし、体調と相談しながらと言うと、実際何もしたくないのです。

これの罪悪感との狭間に陥っています。」こんなメールで、前より悪くなっている、これから良くなるのか知りたいという意図が伝わるかな。

[PR]
by mariasizu | 2018-10-24 16:59