日記

mariasizu.exblog.jp
ブログトップ

可哀想なロッタ

 眩しそうな目をするからと病院でみてもらったら、進行性網膜萎縮症ということである。これは先天性のものだそうである。

 それと水晶体繊維に添って薄いY字の線が入っており、また縮瞳が弱いとのことである。これらは老化現象なので、特に治療はしないそうである。

 最近はよく疲れるようだし、陽子が今度の旅行にロッタを連れて行こうか置いて行こうか、連れて行くのなら今回は初めての外泊で、もう後はないだろうしと悩んでいる。

 耳も遠くなったのではないかと思う。生きものはそれが成り行きとして当たり前のことだが、寂しい事である。

 しかし元気なので付いて行きたがるのが可哀想である。人間のように体力の限界を意識出来ないので困るのだ。

 連れて行った先で何かあったら、一緒に行っている友達に気を遣わせ、旅行を台無しにさせることになるので、それで躊躇している。

[PR]
by mariasizu | 2018-10-05 19:46