日記

mariasizu.exblog.jp
ブログトップ

おとうさんへ

 お父さん、25日には長い間会えなかった人たち、みんなが寄ってくれましたよ。

 嬉しかったでしょう? あんなに毎月行くのを楽しみにしていた誠友会です。会が中止になってからは本当に寂しそうでした。お父さんをとても気の毒に思いました。

 でも来れる人たち五人来てくれましたよ。思い出ばなしで楽しい時を過ごしました。うちの子達三人も参加させて、ここにお父さんが居たらどんなに良かったかと、新たに死んでしまったことに胸が詰まります。

 会に来ることが出来なくなったひとが増え中止となってしまい、その人達の体を心配していましたね。まるで自分より先に死んでしまうのではないかと心配して。

 きのうは7月3日が四十九日になるのをを繰り上げて、無事満中陰の法要をすませました。

 20数年もの間没交渉だった甥も来てくれましたよ。生きてる間に会えていたら、どんなに良かったかと残念に思いました。でもこれからはお付き合いがスムーズにできることでしょう。

 息子達や私らと近況を話し合い、長年の空白もすっかり埋めることが出来たと思います。
お父さんのお陰です。
 
 普段会うことが無かった人たちと会え、心を通じ合う事が出来ました。よく人に頼りにされるお父さん、死んでからでも人を寄せてくれるのですね。

 きのうはありがとう、今日からお盆までしばらく間が空きますが、先にそちらに行っている人たち、二人の息子達に会ってくださいね。そしてお盆にはいっしょに帰って来て下さい。しばらくはさようなら。
[PR]
by mariasizu | 2014-06-29 15:20