日記

mariasizu.exblog.jp
ブログトップ

気になる関節炎

 本来なら治療していることだが、場合が場合である。意味のない治療だ。医師の指示通り、痛み止めの薬で抑えることしかしていない。そうしていることへの自責の念にやりきれない。

 触らなければ痛がりもせず、安らかに眠っている、それで良いのだろうか。腫れを引く手当を医師に頼んだが、また飲む薬が増えると言われた。今でさえ、水が飲めず痛み止めを飲むのがやっとである。
 
 本人がそれほど苦痛に感じていないなら、これで良しとしないと仕方ないとは思うが。

 便秘で困るのも、ひどい腫れを見て心がえぐられ、どうにかしたいと思うのも、全部自分の気持ちの負担を軽くしたいためだけなんだ。

 本当に本人のことを気遣うことと云えば、喉が渇いて水が飲みたいのに飲めないでいることだろう。それも実際に喉が渇いている分からない。

 とにかく、おとなしい病人で、文句や愚痴を云わず、云いたくても言えないのだが、静かに寝ている。
[PR]
by mariasizu | 2014-04-04 19:17