日記

mariasizu.exblog.jp
ブログトップ

うちの犬たち

 家には3匹の犬がいる。それぞれにあだ名がついている。
催促犬のリク、遊び犬のロッタ、メタボ犬のイリスである。おおむね世話をしているのは娘であるが、今日は一晩留守のため私が面倒を見なくてはならない。

 メタボ犬のイリスは、娘がいなかったら水も飲まなければオシッコもしない。だいたい、のそ~っとして活発に動かない。すっかりお腹はメタボである。

 催促犬のリクは、何かと要求をする。早く餌をくれ、ワン、水が無い、ワン、さっさと散歩に行ってご飯にして、ワン。とこんな具合である。

 遊び犬のロッタは字のとおり遊んで欲しくて仕方ない。オモチャ大好き、遊び大好き。

 外出から帰ってきたときとか、庭に出ていて中に入ろうとしたときとか、まさにスリッパを履こうとするそのタイミングを見計らって、サッとスリッパをくわえて素早く走り去る。かまってもらいたい、叱ってもらいたい。
 ボールを人の目の前で、ポトンと落としたり、頭を使って何とか遊んでもらおうとする。
 一歳ぐらいの子供のように思える。言葉もその歳の子ぐらい分かっているようだ。

 亡くした子とロッタとオーバーラップするのか、誰かわからない赤ちゃんの夢をよく見ていた。最近はその赤ちゃんが成長し、幼児になって出てくる。夢の中で子供が成長するなんて。だが、夢を思い出したときの感情は自分の子供と接していた感情である。
[PR]
by mariasizu | 2013-08-26 20:42