日記

mariasizu.exblog.jp
ブログトップ

酷暑

 読んで字のごとく、酷な暑さ。毎年思うのは、この暑さでは来年は耐えられない、と一つ年を取った来年のことを心配するのである。

 今年のこの暑さ、バテバテである。いよいよ来年は耐えられないと思ってしまう。

 夜、日も暮れて外は家の中より、少しは風があって涼しいかと、だるい体を引きずって犬の散歩に出たところ、今日は外も蒸し風呂のよう。
真っ暗な夜だというのに、蝉がジイジイと鳴いている。暑いと各家庭でもクーラーをつけるため、その熱が放出され、道路が蒸し風呂になる。

 昔の風情など、どこにも無い殺伐とした夜道である。子供の頃は、みな家の外に床几を出して、うちわを使いながらお喋りしたり、花火をしたり。吹き出される室外機の熱で外が暑いということも無かった。

 時代に逆らっても仕方が無い。我が家もクーラーをつけて、生ぬるい風を吹き出さざるを得ないのである。
[PR]
by mariasizu | 2013-08-08 22:18