日記

mariasizu.exblog.jp
ブログトップ

なんか寂しいロッタちゃん

 昨夜の事で思い出した。

 昔は誰かが来ていてさあ帰ろうと言うときは、直ぐに察知してお見送りするから、と抱っこを要求していた事を思い出した。

 抱っこされて玄関までか、車まで出て車の窓越しからバイバイしていたのだ。

 いつ頃からしなくなったのかなあ。ブリニーが来てからかなあ。それともわたしが抱っこして歩くのが難儀になったり、玄関を抱っこして下りるのが危ないと感じたからかなとか考えたりする。

 それともロッタが要求しなくなったので、自然と忘れていたのか。

 何れにしてもなんか寂しい現象だと気付いた。

 昨日夜からだが神経痛がひどい。飲まないほうがいいのではと我慢していたが、結局夜も今朝も痛み止めを飲んだ。

 やっぱり薬は続けるのが良いのか。来週火曜日まで様子を見て痛く無くなればラッキーなんだが。薬の効き目は100パーセントとは言えない。
 

# by mariasizu | 2019-03-18 12:20

お墓参り

 お彼岸が近くなって御墓の掃除に敬ニ達が来てくれた。

 すごく助かったし嬉しかった。お墓までロッタも連れて行ってもらえた。

 陽子は勉強会だということで留守。それでロッタの物凄い喜びようはよっぽど嬉しかったのだろう。良かった良かった。

 しかし、夜は陽子の帰りは遅かったし、ロッタを一人
置いて出かけるのは可哀想だと思ったけど、寝ていると思ってそっと出かけたら、陽子が帰って来た時はパニックになって泣いていたそう。

 ロッタも変わったものだ。やはり年取ったからなのかなあ。あと二ヶ月で14歳になろうとしている。

 年取ったからこそ、体が弱ったからこそこんないいことがと思えることがあると良いのに。それを見つけよう。

 いつの間にか私自身のことと思いがすり替わってしまったが、なんかロッタの老いとわたしが重なってしまう今日この頃である。

# by mariasizu | 2019-03-17 21:15

ロッタちゃん

 最近のロッタは人が変わったならぬ犬が変わった。

 今までなら後の二匹が食べ物が貰えそうなとき、側に来て見上げて待っていても、ロッタはそんなん関係ないと澄ましていたのに、この頃はいっしょになって待っている。

 ごはんも1日二回でそれもあまり喜んで食べに来ることはなかった。

 それが最近はたべるのも早いし、ブリタニーの三回目のときも欲しそうにする。

 耳も遠くなり、寒い間は行くのを嫌がっていたので、呼んでも来なかったのであるが、今は聞こえないのか反応が悪い。

 反応が悪いのは、今までならブリたちが悪いことをしてこちらが大声を出すと、待ってましたとばかりに吠えていたのに、今は我関せずと無関心である。

 見ていて寂しい切ないと思うこの頃のロッタちゃん。
 
 しかし、陽子に遊んでもらうのはすごく喜ぶし、フリスビーもしてもらえると大喜びで元気である。

  
 

# by mariasizu | 2019-03-16 15:39

脊柱管狭窄症

 手術をしないことにした。

 くすりも痛い時だけ飲んだらいいとのことだった。昨日またブロック注射を打った。その帰りが凄く痛かったのだが何とか治まったので昨夜と今朝はくすりは飲まないで様子をみようと思った。

 この薬、副作用があるから長期間は飲まない方がいいと先生が言ったように思うので、やめる方向に持っていこうと思う。それでふらつきとか便秘とか手足の力とか、何か良い方に変化があるかもと期待する気持ちがあるのである。

 今日は板宿でランチの約束があったが、陽子が、いっつも確定申告の時や、去年もそうやったというのでランチは断った。

 いつも時間に追われていて何もする時間がないというが、仕事以外の時間と、お金は犬のために使っているように見えるが。

 私のためにも時間を割いてくれているので、何も言えないのが辛いところである。

# by mariasizu | 2019-03-13 15:38

春が来た

 今朝うぐいすの声

 毎年聞こえて来る場所は同じだ。まだ上手には鳴けないが春が来たんだと実感する。今朝今年最初の声を聴いた。

 歩行器で朝夜の二回三十分歩くようにしている。チョコチョコとすり足だったのが、摺り足が大分減ってきた。

 神経痛が良くなって歩けるようになったので嬉しい。このまま注射で凌げるかも。

 来週火曜日の診察までに心を決めておかないと、手術した方が良いと言われたときの為に心の準備がいるので、同じ病院で手術した友達に電話して様子をきいてみた。

 人により症状は色々で一概にいえないが、先生もすっきり良くなるとは、やってみないと分からないと言っておられたことだし、それに入院の間にまた足が弱くなることを懸念するのでなるべくなら手術は避けたい。

 このまま痛くならない事を祈る。手術はしないに越した事はないと結論する。

# by mariasizu | 2019-03-09 23:08